2004年01月05日

仕事初めと五木

この日から初仕事でしたナヲマですムニョ。
会社の年始の朝礼では、各々一言ずつ発言を致しましたが、
経理のS本さんが、途中で緊張のためか言葉に詰まり、
もう一度同じ内容を最初から話し始めました。
しかしその後も同じ箇所で詰まり、また最初から…。


これをS本さんは最終的に5回繰り返しました。


まるで針が飛んだレコードのようです。

そして、この間中ずっと笑いをこらえるのが大変だった事は
言うまでも有りませんでした。

これからは詰まった箇所から始めて下さい。お願いします。


そして、今週ワタスは事務所の清掃当番。
床をモップでサササと掃除していたら、茶色いごみが。

近づいてみるとそれはヤツでした。


アブラ虫とか柿の種とか花子さんとかコックロウチとか言われてるアレです。







平たく言えばゴキブリってヤツですが。


仰向けになって既に息絶えておりました。
どうやら年末に仕掛けたバルサンが功を奏した模様。

数ある昆虫の中でもコヤツだけは見るのは勿論、
近づくのもゴメンですが、片付けないわけには行きません。
とりあえず適当な紙に亡骸を回収して廃棄処分。


それにしても、どうしてゴキブリなんつー名前なんでしょうか?

他の昆虫はまだ名前聞いて判りますよね。
カブトムシとかカマキリとかイナゴとか。

なのにゴキブリって……。


濁点が2つもついてますよ?


音的にもかなり他の昆虫と一線を画している感じです。

と言うわけで、ちょっくらググってみました。


そしたら、平安時代の文献にその由来が登場し、
当時の食器は『御器(または五器とも)』と呼ばれてい、
それらにたかっていた事から、『ごきかぶり』と言う
名前がついたそうな。
この『ごきかぶり』、明治初期頃まで使われていたそうです。
その後、いつのまにか現在最も憎しみを、時には愛着を込めて
呼ばれている『ごきぶり』になった様ですね。


因みに参考にさせて頂いたサイトさんはコチラ
種類の多さにビビリます。
ゴキイヤンな人はご注意下さい。
かなりサブイボ(関西で『鳥肌』をこう呼ぶ事が有る)モノです。

そして、色々ゴキ駆除に関して面白い読み物サイトさんがコチラ
かなり笑えます。

って、ゴキ自分で退治出来ない位大嫌いなのに
久々に没頭して閲覧してしまいました。

実は憎からず思っているのか?






アリエネェ……。





あ、すんません、今日は危うく食後に吐きかけたので
(ゴキのせいではナイ)床に伏せっていた為、絵ナシです。
何処が悪いんやろか。
ソニックヒーローズやりすぎたか。
posted by ナヲマ at 03:28| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月08日

フレー面

最近紙に全然絵を描いてなくてイカンナヲマですタブ直。

鉛筆すら握ってねぇや

なんつーか、手を真っ黒にして練り消し片手にデッサンとか
激しくしたいです。


唐突ですが、皆様は『フレーメン反応』と言うのをご存知でしょうか?
様々な動物がする平たく言えば「変な顔」の事なのですが、
発情期だとか、キョーレツな刺激臭を嗅いだ時などに良く見られます。

自分は我が家の飼い猫で初めて目にして、
ショックを受けた覚えがあります。


あまりのブサイクヅラ加減に。


それを目撃したのは、我が兄の友人が遊びに来た際に、
シャムもどきの佐助が、玄関に脱いでいた兄友人の靴に
頭を突っ込んでニオイを嗅いでいた時でした。


ワシ『佐助!何やってんの!やめなさい!』
心の声:(ていうかマジでヤメテくれ〜!ニオイつくから!!!/汗)



そのワシの声に反応した佐助が振り返った瞬間、
凍りつきました。


口は半開き、焦点の合わない目。


上記の状態で固まったまま数秒間続く。










かなり恐かったデス。めそ。


参考までに、勝手にリンク。

こんなのです。






何か絵もゲームも殆ど関係ナイネタですみません。
posted by ナヲマ at 01:56| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年12月05日

貫通

ここいらでバランス調整絵。

ロングヘヤア

普通の絵もちゃんと描かなねナヲマですリフレ〜ッシュ。

魔牙霊はちょっとオヤスミ。
ちゅっか、出来まへん。
ので今日は我が家のニャンコ話でも。


過去に男の子を2匹飼っていたのですが、
1匹目の黒猫『龍(りゅう)』は病死。
2匹目のシャムもどき『佐助(さすけ)』は、家出。
帰らぬ猫(ヒト)に。
で、今は3匹目となる、初めての女の子を飼っています。
名前は『華(はな)』っちゅいます。
種類はなんだろ?グレーの体毛。
見た目シャルトリューに近い。

過去日記にも、ちびっとだけ登場しましたが、
この子はホントにおとなしいです。
前の2匹が(特に2匹目の佐助が)活発だっただけに。

しかし、前の2匹よりも激しい1面を持っていたり。
何が激しいのかというと、彼女の爪とぎです。


それはそれはもう頻繁に、ヒマさえあれば爪とぎしている
と言っても過言ではナイくらいに。

爪はオンニャの武器と言わんばかりです。


で、とうとう前の2匹も成し得なかった、

前代未聞の爪とぎ道具貫通を遂げました。

オメデトウゴザイマ〜ス

どうですか、この見事な貫通っぷり。

これはダンボールを縦に貼り合わせたモノで、
マタタビの粉などが振ってある市販品なのですが、
両面使えば結構長持ちするんです。

しかし彼女の手(爪?)にかかれば、コレこの通り。
消耗早い早い。

おかげで華の爪はいつも鋭さ抜群。
彼女をダッコしたりするので、生傷が絶えません。

そして今日も親の敵(かたき)のように彼女は爪を研ぐのであった……。


寄り過ぎ

犯ニャン近影。
posted by ナヲマ at 01:49| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年08月28日

お久し振りゃー

随分日記中断してしまいました。
8月はイベント盛りだくさんで体調も不調盛りだくさん(T_T)
イロイロ有ったので、また後日小出しにアップしていきます。

ところで、この8月一杯で今サイトで利用しているtripodがinfoseekに、
このlycosダイアリーが楽天に移行します。
その為、ホームページの更新は9月1日まで出来ません。
閲覧は可能ですがにぇ。

で、色々作業してる中で、結構引越し先でガッカリする事が多いです。
infoseekは今度も有料版を申し込んだのですが、300Mのスペースと
広告非表示・CGI使用可と、tripodと容量以外ではさほど変化ないと
思っていたのに、ホームページ作成ツールがヘッポコ。
大体ツールでファイル移動すら出来ないってどーいうコト!!?
おちょくってんのか?
自分、ソフト使わない為、殆ど編集はweb上で直接してたりするので、
これはかなりイタイ。
ローカルで編集して一々FTPアップロードメンドクサー・・・。

それに加えて、infoseekではスパムメール等でサーバ負荷が
かかるのを恐れてか、メールフォームは使えません。
以前サイトでメールアドレスを公開していましたが、迷惑メールが多かった為、
tripodで使えるメールフォームサービスを利用してたんですが。くそう。
今まで使用していたCGIも負荷がかかると見なされ、もしかしたら
使えないかもしれないという可能性が出てきました。
でも有料版の契約は1年更新。もう申し込んじゃったので最低1年間は
ガマンせねばなりません。使えねぇー。鬱・・・・・・。

そしてこの日記の引越し先の楽天広場。あまりの自由度の低さに凹みました。
結構このlycosダイアリーは細かくカスタマイズ出来たのに対して、
16進数で色指定すらできません。信じらんねー。

ならば、フリーCGIスクリプトを拾ってきて日記帳作ったらええねん!
と思っていじってたのですが、上手く動作しなくて四苦八苦。
頭痛いです。

出来れば引越ししたくないんだけど、無くなっちゃうんだからどうしようも有りませんねー。

ああイヤだ。
今まで居心地が良かったのが今になってよく判りましたヨ・・・。トホホ。



さて、前置きが長すぎましたが、前回の日記でちょっと触れた、
飼い猫ニオイ袋破裂事件。

我が家の飼い猫である、「華(ハナ)」が今年の6月頃から、
何故かンーコを猫専用トイレでなく、その外にする様になってしまいました。
どうして突然こんな風になってしまったのか判らず、尻グセの悪いコだ!
と毎度叱りつつ、やむなく地雷撤去作業をする日々。

ところが、8月の頭にとても辛そうに、左後ろ足を引き摺りながら
歩き出しました。
足を怪我したのだと思い、足を見てもどこも悪く無さそうです。
そしてふと尻尾の付け根辺りを見ると、赤く膿んでぐちょぐちょになっていました。



グロ〜
↑結構回復してる状態でもこんなの。
一応グロいのダメな人の為にモザイク処理(笑)

どうしてこんな事態になったのか思い当たらず、皮膚病とかストレスで
毛をむしって傷になったとか考えたのですが、どうにも判りません。
獣医さんに連れて行こうにも、その時折悪しく、私は熱出して会社欠勤。
母親はその日の早朝に急な体調不良で救急病院へ行って帰ってきたトコでした。
それ以外は、皆出勤中。
かわいそうですが、獣医行きは1日延長に決定。

しかしそのお陰で夏のこの気候のせいも有り、更に傷口が悪化。
殆ど動けない状態でした。
翌日獣医さんに診てもらった所、この傷の原因が判明しビックリ。

猫にはニオイ袋と言う物が存在し、それが破裂してしまったので、
傷になったと言う次第。


そのニオイ袋って何じゃい。



今までこのコの前に2匹猫を飼った事が有りますが、私らには初耳でした。
猫ってつくづく摩訶不思議な生物じゃな。


ニオイ袋とは、主にどういう物かというと、
お尻の付近に有り、興奮したりストレスが溜まった時などに、スカンクさながら
そこからガスを放出するのだそうな。かなり臭いらしいです。

が、当の華は異常におとなしいコで、猫が一日に一度は暴れる行為をしません。
余談ですが、この猫が暴れる行為を日本では「猫の運動会」
欧米では「狂気の30分」と呼ぶらしいダス。


・・・・・・狂気ねえ・・・。判るような判らんような。



話は戻って、大人し過ぎる華は、殆どガスを放出する事無く
溜まる一方だったワケです。


トイレの外にンーコするのも、袋が肥大して痛かったからなのだと判りました。
それなのに、そんな事とはつゆ知らず、叱ったりしてゴメンよ、お華。


今はほぼ傷も完治しました。


しかし、未だに地雷撤去作業をする日々が続いています。



…………………。




…アレ……?
posted by ナヲマ at 23:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月12日

ジャンジャンジャンジャン

10日の木曜日、夏季賞与、所謂ボーナスを頂きました。
棒に茄子が刺さってるアレでは有りませんよ。

……なんてオヤジギャグは言うまいと思っていましたが、
私の中に有るオヤジDNAが許してくれませんでした。

オヤジギャグバンザ〜イ。


それはどうでもいいとして、中小企業ながらこのご時世に
ボーナスが出るだけ有り難いと思わねば。
しかし、冬は判らないとの事。覚悟しておこう。


それにしても、7月も中旬に差し掛かろうというのに
梅雨、まだ明けませんね。
でも、エライ物でセミは鳴き出しました。

大阪では、主にアブラゼミとクマゼミが生息しています。
他にはツクツクボウシ。
ヒグラシはホントにたま〜に耳にするぐらい。
ミンミンゼミはおりません。

なので、関東へ行ったとき、初めてミンミンゼミの声を聞いて
ちょっと感動した覚えが(笑)
どうにも、こちらのセミの鳴き声はジャンジャン暑苦しくていけません。
夏の風物詩っちゃあ風物詩なんですけど。

因みに、色んなセミについて知りたい方は、ゼヒこのページへ。
画像の他、鳴き声等も聞けます。

やっぱり顔のアップはバルタン星人だなと
しみじみ再確認。フォフォフォフォフォ…。Vo¥oV


最近、生き物づいてますね。この日記。



古い

3年くらい前のお絵板絵。でも今とあんま変わらない所が…(汗)
posted by ナヲマ at 23:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月09日

実はまだ続いてた

看板男

↑さくさくさんちのお絵板でむか〜しに描いたテリー。


まだ梅雨明けてないのに今日は真夏日のような気温で
余りの高温多湿っぷりに死ぬかと思いましたナヲマです。


先日、海遊館へ行ってからと言うもの、カミキャスのごったさんと
海洋生物の話で大盛り上がりです。



ところで、2年程前に、友人と東京の水族館を巡った事が有りました。
その中でも、池袋サンシャインの水族館は、かなりのキワモノでした。

そこで飼育されている生物自体、キワモノと呼べるのは
多分無かったと思われ。

何がキワモノかと言うと、その展示の仕方。

トマトガエルという、赤くてメチャ可愛らしいカエルの水槽。
一見した所、ドコに居るのか判りません。

だって、その水槽の一面には


プチトマトがビッシリと敷き詰められていたのです。



いや、トマトはトマトやけど、それは無いやろ。
しかも所々腐ってるトマトが有ったり。

カエルさんは、とてもメイワクそうでちた。


そして、順路を進んでいくと、ゴーストフィッシュと言う魚がおりました。
体色が真っ黒な上に泳ぐ姿がヒュルヒュルとして、その名の通り、
いかにもゴーストっぽい面白い魚なのです。



が。(このヒッパリ好きやな)



小さな水槽の真ン中には



墓石がドーン!!!と置いて有ります。


余りにも直球過ぎてグゥの音も出ません。



ココの水族館のセンス凄すぎ。




全然関係有りませんが、Met'sのCMは一体ドコを
ターゲットにしているのかワケが判らないです。
posted by ナヲマ at 23:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年07月03日

正体不明

相変わらず右手は不調、右目も時々痙攣、そして更に今日は頭痛が。
右の耳付け根辺りがガリガリ痛いです。
何か右半身がボロボロですね。ポンコツナヲマです。
1週間振りの日記ですな。


先日の日曜日、海遊館へ行ってきました。
もう3回目になりますが(笑)

何回行っても、生き物とか見に行くのは楽しいですね。
只、梅雨の晴れ間でお天気も良く、行楽日和だったので
家族連れが多かったのが、ネックでしたが。

やはり人気が有るのは、哺乳類。
ラッコ、カマイルカ、ゴマフアザラシ、カリフォルニアアシカ等の
水槽の前は黒山の人だかり。

その中でも、ラッコがかなり挙動不審で笑えました。
1頭がかゆいのか、水槽の右壁際で、背中を擦り付けつつ
水中でひたすら上下運動。

止まりません。

そしてそのすぐ横で、もう1頭がうつ伏せになったまま、浮かんでいます。
だらりとした前足が時々ピクピクする以外全く動く気配無し。
最初どこか具合が悪いのかと心配していたのですが、
暫くすると、何事も無かったかのように泳ぎだしました。
しかしまた暫くすると、まだ上下運動を繰り返している1頭のすぐ横で
水死体のようにうつ伏せ脱力ポーズで浮かんでいます。

だから何なの。ソレは。



ていうか、誰か奴らを止めろ!!





こっちが笑い死ぬから!!!




後、やっぱりどこの水族館に行っても、イワシが回遊する円筒型の水槽は
ヤバイですね。直視出来ませんよ。オモシロ過ぎ。
何がオモロイのか分からない人は、水族館に行って、
イワシが群れ泳いでいる姿を正面から見てみましょう。
中まで丸見えです。きゃっ、恥ずかしい。


最後までナゾだったのが、歩く魚
胸ビレの下に節足動物のような足がついていて、
それを使って水底をワシワシ歩いています。
その上、体色と同じ色をした褐色のフツーの胸ビレの更に上には
鮮やかな色のヒレが有って、コイツを広げてグライドするように泳ぐのです。

変な魚

↑記憶だけで、おまけにヤバイ右手で描いたので、かなり実物と
違うかもしれませんが、こんなヤツ。
ネットで検索しても分かりません。
しかし、歩く魚って意外と多い事にビックリ。
イザリウオに肺魚。
ムツゴロウもかな?
(余談ですが、ムツゴロウの英名はMud Skipper。カッコイイ。)
特にその中でも肺魚は面白すぎる。
しばし初期の目的を忘れて肺魚サイトさんを巡ってしまった(笑)

それはさておき、上記の変な魚をご存知の方の情報求ム。


あ、海遊館の最大のウリである、ジンベエザメや、マンタのいる
巨大水槽にちっとも触れてないや。ま、ええか。

続きを読む
posted by ナヲマ at 22:58| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2003年04月17日

生物学会に新たな波紋

随分前に写メール撮りして、忘れてたネタが有りましたYO!



これ、大阪市営地下鉄のとある駅のホームに有る、
案内の看板に描かれたナゾのイラストなんですが…。
皆さん、これが一体何の動物か分かりますか?
イタチかカワウソなのか、はたまたビーバーなのか…。



そして顔を良く見て見ると……。



判りづらいかもしれませんが、左に3本、右に2本のヒゲが
生えています。


何で左右で本数が違うの……?



更に、目線を下に向けて、尻尾を見て見ると………。



先がスペード型のような形状になっています。


こんな生物ぁ居ねえー!!!!!

だから一体オマエは何なんダーーーーー!!!!!





誰かオチエテクダチャイ……。めそり。
眠いけど気になって熟睡出来ません。
posted by ナヲマ at 19:31| Comment(0) | TrackBack(0) | 生物 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。