2004年02月19日

感想文続き

相変わらず胃の腑辺りが気持ち悪いナヲマです feel sick。
先日会社のS本さんがタイ旅行へ行かれて、お土産にお菓子を買ってきてくれました。

全部タイ語。読めん。

米菓子。
揚げたお米に、ゴマと黒糖をかけてあって中々に美味。
が、最初パッケージの窓部分の米をみてちょっとビビリました。







む、蟲ぃいいー!

写メ撮りなのでこれで精一杯なのですが、パッと見、
何かの幼虫っぽく見えなくも無いです。

パッケージ、全部タイ語表記なので原材料名もわかりません。
見たまんま蟲だったとしても判りません。

ぎゃー!丈読んでーーーーー!

もしかしたら胃の不調はコレのせいかもしれません。

S本さん、ネタに使ってごめんなさい。







さて、前回に引き続きDVDの感想など。
『ハリーポッターと秘密の部屋』。
はくろ先生曰く、「1作目で秘密の部屋開けまくってたじゃん。」なのですが。
ワシもそう思った。

それは置いといて。
1作目、劇場鑑賞してハワイ行きの飛行機の中でも見て、更にDVDまで買ってたり。
が、2作目は劇場観に行く気全然なかったので、今回のDVDが初です。
何かね、面白いのは面白いけど、観に行かなくて正解かな。
上手くまとまってたとは思います。うん。

それよりも何よりも、TVスポットとかでも見て既に知ってましたが、
やはり改めてショックだったのは、ハリーとロンが声変わりしてた事でしょうか。
もうね、子役の宿命ってヤツですが、顔つきも全然大人びてしまってます。
ハーマイオニーは相変わらずメンコイけど、更に綺麗になりましたね。
立派に女優です。

この作品のナヲマ的目玉はウィーズリー一家のシーンです。
ふくろうのエロールも含め、楽しくて良いですね。ここの家庭の雰囲気。
一緒に住みたいです。
後、キャラで気になるのは、やっぱドラコとロックハート先生か。
この2人オモロすぎ。


そして3人組の中でも、ロンとハーマイオニー好きなワシにとって、
最後のこのシーンは極め付けです。

ナヲマビジョン

何だよ!何なんだよ!思わせぶりな仕草は!とか一人で大慌て。(バカ)
この絵が何だよ!とか言われても困りますが。
似てないし、ナヲマナイズし切れてないし、どっちつかず。

すんません。相変わらずハリーは眼中入ってません。





次ー。『アマデウス』。
天才音楽家、ヴォルフガング・アマデウス・モーツァルトの生涯を描いた映画です。
地上波でも何回かやってましたが、全部見逃して前々から見たいと思ってましたので、
思い切ってDVD購入。両面仕様でちょっとビビッタ。158分と、普通の長さですけど。
宮廷音楽家のサリエリとの確執(ちうか、サリエリの一方通行にしか見えんかったが)が、
全編のテーマ。むしろ逆恨み?

モーツァルト、結構報われない生涯で、意外。
まー、天才と呼ばれた人たちは大概死んでから認められたりしてますが。
モーツァルトは生前から天才と誉めそやされてた割には、こんな生活してたのか。

自分、あんまりモーツァルトの曲自体はそんな好きでもないのですが、
(ホルストとかショパンとかのが好き…ってクラシックそれほど詳しくないけど)
やはり凄い人だったんだなーと再確認。
ラストのレクイエムは、餓狼伝説のクラウザーを思い出してしまった(笑)
(ステージ曲が、このモーツァルトのレクイエム「ディエスイレ」なので)

だけど、ドイツ語圏の話なのに英語喋ってるのには萎えましたね。
これはOKなのか?凄い違和感。

『ジャンヌ・ダルク』でも思いましたが。何でフランス語でなくて英語なのかと。
やっぱメリケン中心なのかねー。
posted by ナヲマ at 03:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 映画 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/6660345

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。